NEWS

ニュース

  • 協会
  • 20.06.30

議連から岸田政調会長に申出【日本ブライダル文化振興協会】

 公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(東京都中央区、BIA)は、6月3日に開催した婚活・ブライダル振興議員連盟のヒアリング会において、国への要望を提出(6月11日号にて既報)。それに基づき、6月12日には議員連盟から岸田文雄自民党政調会長に、要望書が提出された。今後のブライダル支援の動きが注目される。

 6月12日、議連から岸田文雄自民党政調会長へ婚活・ブライダル業界の要望書が提出された。
 内容に関しては右囲みの通り。議連の事務局長の石崎徹氏は、「岸田政調会長からは、他の支援策とのバランスをとりながら、婚活・ブライダル事業者への支援もしていくこと、また、「新しい生活様式」の文言については、政調会長として厚労省へ削除を依頼すると回答をして頂きました。」と語っている。
 経産省、厚労省、内閣府へも要望の申入れを行う。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、6月21日号)