ブライダル産業新聞LISTEN to KEYMANキーマンに聞く

  • 【トップランナーに聞く】新郎新婦にとってのメリットを優先させる(BLISS EVENTS 代表取締役 葉山泰子氏)

    【トップランナーに聞く】新郎新婦にとってのメリットを優先させる(BLISS EVENTS 代表取締役 葉山泰子氏)

     ウエディングはもちろん、海外VIPのMICEやイベントプランニングなども手掛ける、BLISS EVENTS(東京都渋谷区)の代表取締役・葉山泰子氏。どのようにして顧客からの信頼を得ながら、単価をアップを実現させているのか。ブライダル産業フェアで語ったポイントから、「稼げる」、そして「愛される」プランナー像を探る。

    詳しく見る

  • 【匠のWAZA】若手のパティシエ達に新作スイーツの開発を任せる(京王プラザホテル 調理部 製菓調理長 穐山敏信氏)

    【匠のWAZA】若手のパティシエ達に新作スイーツの開発を任せる(京王プラザホテル 調理部 製菓調理長 穐山敏信氏)

      京王プラザホテル(東京都新宿区)の調理部 製菓調理長・穐山敏信氏は、2007年にシェフパティシエに就任。同ホテルには1984年から勤めている。20代で製菓の道を志し、コンクールに出品、入賞など腕を磨いてきた。現在は若手パティシエ達に新作メニューの開発を任せるなど人材の育成にも注力している。

    詳しく見る

  • 【ブランディングの重要性】すべてのデザインの中核となる(トップ商空間デザイナー/ THE WHOLEDESIGN代表取締役 杉山敦彦氏)

    【ブランディングの重要性】すべてのデザインの中核となる(トップ商空間デザイナー/ THE WHOLEDESIGN代表取締役 杉山敦彦氏)

     第2 回の今回は、様々なデザインにおいて中核をなすブランディングに関し、具体的にどのようにアプローチをして決定していくのか。
     空間デザインを依頼される際に、その施設が誰のため、何のため、どういう目的のものかなどが決まっていないことも多々あります。ブランディングとは、そもそも消費者にどのような存在となり、どんな風に見られたいのかということ。デザインはあくまでもそれを表現するための手段です。つまり、中核であるブランディングがない状態で、空間はもちろん、WEBサイト、名刺、ロゴなどのデザインを発注しても、統一感が生まれず、チグハグさは否めません。
     ブランディングにおいて大切なのはブランディングシートを作っていくこと。外部の専門家に依頼することも出来ますが、予算的に難しい場合にはオーナーの想いをヒアリングしながら、担当者がそれを文字やビジュアルでまとめていきます。

    詳しく見る

  • ⦅迫りくる超人材難vol①⦆サービス人材の奪い合い(スギハラサービスクリエイツ 代表取締役社長 杉原拓氏)

    ⦅迫りくる超人材難vol①⦆サービス人材の奪い合い(スギハラサービスクリエイツ 代表取締役社長 杉原拓氏)

     ホテルやゲストハウス向けにバンケットサービス人材を供給する配膳会。全国に300社があると言われるが、その中でも歴史がもっとも古く、首都圏を中心に300社以上と取引しているのが、スギハラサービスクリエイツ(東京都港区)だ。代表取締役社長の杉原拓氏は、配膳会社も大きな転換期を迎えていると同時に、今後は寡占化が進むのではと予測している。

    詳しく見る

一覧を見る

ウェディングフォトWEDDING PHOTO

毎年開催「ジャパン・ウエディングフォト・グランプリ」全応募作品、
結婚の魅力を伝えるステキ写真を公開

ブライダル産業フェア

BRIDAl FAIR NEWS

ブライダル産業フェア

2019年で21回目を迎える業界唯一のBtoB展示会。
セミナーを通じてリアルな情報発信と商談を展開しております。

詳しく見る

銀座ブライダルアカデミー

SEMINAR

銀座ブライダルアカデミー

本紙セミナールームで開催するスキルアップ講座。経営、マーケティング、プランニングなど、多彩なプログラムをご用意。

詳しく見る

日本の未来を担う結婚産業の独占情報紙

1987年の創刊以来、ブライダル業界唯一のビジネス専門紙として、結婚式ビジネスにまつわるテーマを網羅的に取材し、情報発信を通じて業界の発展を支えています。記事テーマはトレンド紹介やビジネスノウハウ、トップランナーへのインタビュー、関連業種・新規参入企業の狙い、業界発展に向けた提言など。本紙記者は毎日、業界関係者への取材活動通じて、記事を作成しています。

ブライダル産業新聞

ブライダル産業新聞 最新号