ブライダル産業新聞LISTEN to KEYMANキーマンに聞く

  • ハイブランドのギフトを展開【タイムレス 代表取締役社長 横田哲郎氏】

    ハイブランドのギフトを展開【タイムレス 代表取締役社長 横田哲郎氏】

    ―― 7 月に向けて、ブランドをより立たせたギフトの開発を進めているそうですが。その狙いは。

    横田「式場向けにギフトの営業を進めていくと、大手であるほど掛け率の低いものを求められる傾向にあります。一方外資系のホテル等では、ある程度クオリティの高いものを希望する傾向にあります。タイムレスとしては、こうした声に対応するため、これまで二軸でギフト商品を提供してきました。一つはある程度クオリティの高いものを揃えたラインで、商品として他と差別化できるものです。もう一つが、対大手企業向けに提供していく、掛け率でも勝負できるスタンダードライン。これは自ずと価格競争になります。これまでの展開に対して、さらにハイクオリティのものを用意していこうというのが、現在進めているプロジェクトです。ブランドに関しても他社が扱っていないものを商品開発していく。またクリエイティブディレクターを中心とした、ブランド戦略室も立ち上げました。ここでは、プロダクトからデザイン、さらにブランディングまでを手掛けていきます。例えばギフトで人気の今治タオルに関しても、単純に仕入れて提供するのではなく、しっかりとブランドを立てていく。生産地を大切に、ストーリーを語り、サステナビリティなどの付加価値をつけていきます。このハイブランドのラインを作り、専用のHPも開設。7 月始めにはリリースする予定です。」

    詳しく見る

  • 1円単位で支出を見直しコストカットを実現【CRAZY 代表取締役社長 森山和彦氏】

    1円単位で支出を見直しコストカットを実現【CRAZY 代表取締役社長 森山和彦氏】

     「12月まで施行できない最悪のシナリオを念頭に、コストカットと売上の補填を考えている」。そう語るのはCRAZY(本社:東京都墨田区)の代表取締役社長・森山和彦氏だ。新しい生活様式に合わせた企画力の重要性や業界外へ発信する意味など話を聞いた。

    詳しく見る

  • 業界の声を国に届ける役割【BIA 専務理事 野田 兼義氏】

    業界の声を国に届ける役割【BIA 専務理事 野田 兼義氏】

    公益社団法人日本ブライダル文化振興協会(東京都中央区・以下BIA)は5月14日、結婚式場業「新型コロナウイルス感染拡大防止ガイドライン」を発表した。専門家会議による「新しい生活様式」の提言の中で冠婚葬祭が指摘されたことを受け、今後結婚式を控える、検討している新郎新婦に安心感を提供すると共に、会場がどのように対応していくかの指針でもある。その経緯と共に、今後BIAが果たす役割について専務理事の野田兼義氏に聞いた。

    詳しく見る

  • 全スタッフの研修をする機会に【迎賓館TOKIWA 館長 齋藤伸雄氏】

    全スタッフの研修をする機会に【迎賓館TOKIWA 館長 齋藤伸雄氏】

     「先日聞いた話では、新潟市内において新規で会場を探している人は、週に1 組いるかどうかとのことでした。日時も定まらず、仮に決めても延期、再延期が予想される状況の中で、今の段階では新規集客に関しては非常に厳しいと考えています。すでに受注済みの結婚式に関しては、一部式のみを除いて、3 月~5 月までの期間で100組前後が延期となりました。春は宴会もありますが、3 月だけで70件がキャンセル。当館の場合、県庁や学校の先生などといった公務員の宴会も多いため、やりたくても自治体の方針でやれないということが多いのが現状です。」

    詳しく見る

一覧を見る

ウェディングフォトWEDDING PHOTO

毎年開催「ジャパン・ウエディングフォト・グランプリ」全応募作品、
結婚の魅力を伝えるステキ写真を公開

ブライダル産業フェア

BRIDAl FAIR NEWS

ブライダル産業フェア

2019年で21回目を迎える業界唯一のBtoB展示会。
セミナーを通じてリアルな情報発信と商談を展開しております。

詳しく見る

銀座ブライダルアカデミー

SEMINAR

銀座ブライダルアカデミー

本紙セミナールームで開催するスキルアップ講座。経営、マーケティング、プランニングなど、多彩なプログラムをご用意。

詳しく見る

日本の未来を担う結婚産業の独占情報紙

1987年の創刊以来、ブライダル業界唯一のビジネス専門紙として、結婚式ビジネスにまつわるテーマを網羅的に取材し、情報発信を通じて業界の発展を支えています。記事テーマはトレンド紹介やビジネスノウハウ、トップランナーへのインタビュー、関連業種・新規参入企業の狙い、業界発展に向けた提言など。本紙記者は毎日、業界関係者への取材活動通じて、記事を作成しています。

ブライダル産業新聞

ブライダル産業新聞 最新号