LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

  • 【TOPインタビュー】天神にゲストハウスをオープン(ディライト 代表取締役社長/CEO 出口哲也氏)

    【TOPインタビュー】天神にゲストハウスをオープン(ディライト 代表取締役社長/CEO 出口哲也氏)

     ディライト(本社:奈良県奈良市)は昨年7月、旧石丸邸 ガーデンテラス広尾を東京にオープンした。THINGS Aoyama Organic Garden.dth(以下シングス青山)に続く、東京2店舗目で、今年5月には福岡・天神へも出店。その勢いは業界内でも注目を浴びている。飲食とブライダルを中心に展開してきたが、その2事業を“線”で繋ぐホテル事業もスタート。ザ・ニューホテル熊本との業務委託契約のほか、奈良の旅館の子会社化も発表済みだ。代表取締役/CEOの出口哲也氏は、『若いからこそのスピード感を』と語る。41歳の社長を中心に一気に加速する、ディライトのプロジェクトを追った。

    詳しく見る

  • 【TOPインタビュー】464の自治体をプロデュース(八芳園 取締役専務総支配人 井上義則氏)

    【TOPインタビュー】464の自治体をプロデュース(八芳園 取締役専務総支配人 井上義則氏)

     2010年代、単館経営でありながら日本の結婚式を代表するトップランナーとして業界を牽引してきた八芳園(東京都港区)。時代の新たな節目を迎えるにあたり、結婚式に限らず、あらゆるライフイベント・コーポレートイベント・MICEについて、食を軸にした企画プロデュースを手掛ける「総合イベントプロデュース会社」へと進化を遂げようとしている。「今のウエディングプランナーに必要なものは『経験に基づく知識』」として、東京五輪・パラ五輪の関連プロジェクトなど、新たな事業にプランナーを参画させる井上氏の想いと、八芳園の未来に迫った。

    詳しく見る

  • 【TOPインタビュー】全スタッフの意識改革に注力(藤田観光 執行役員 ラグジュアリー&バンケット事業グループCOO 中村雅俊氏)

    【TOPインタビュー】全スタッフの意識改革に注力(藤田観光 執行役員 ラグジュアリー&バンケット事業グループCOO 中村雅俊氏)

     ホテル椿山荘東京や太閤園など、各エリアの代表的なウエディング施設を展開している藤田観光(本社:東京都文京区)。企業規模が大きいからこそ働き方などの人材制度が確立している一方で、婚礼においてもトップダウンになりがちという課題もある。ラグジュアリー&バンケット事業グループCOOの中村雅俊氏は、「ウエディングの受注件数もだが、大切なのはその中身がいいものになっているか」と話す。長い歴史と伝統があるがゆえに生まれる“慣れ”から、どう脱却していくのか。スタッフの意識改革など話を聞いた。

    詳しく見る

  • 【TOPインタビュー】単価・平均人数も初年度から上昇(東京會舘本舘 取締役営業本部副本部長兼戦略本部副本部長 星野昌宏氏)

    【TOPインタビュー】単価・平均人数も初年度から上昇(東京會舘本舘 取締役営業本部副本部長兼戦略本部副本部長 星野昌宏氏)

     昨年1月にオープンした東京會舘本舘(東京都千代田区)。都内はもちろん首都圏の勢力図も塗り替えるほどの、鮮やかなスタートダッシュを切った。今年は2年目を迎えるが、受注数はほぼマックスの昨年同様を維持しながら、単価、人数共に初年度よりもアップする見通しだ。東京會舘本舘の結婚式とは何か。実際の列席を通じて、多くの人に浸透してきている。婚礼部門の総責任者でもある取締役の星野昌宏氏は、東京會舘らしさを伝え、それを維持していく重要性を指摘。目先のトレンドに惑わされることなく、ブランドを高め広めることこそが大切だと。ブライダルマーケットに大きな一石を投じている。
     

    詳しく見る

  • 【TOPインタビュー】施設の再生を通じて街を活性化(バリューマネジメント 代表取締役 他力野淳氏)

    【TOPインタビュー】施設の再生を通じて街を活性化(バリューマネジメント 代表取締役 他力野淳氏)

     「日本がこれまで大切にしてきた文化を、この先も紡いでいく」。そう語るのは、歴史的建造物などの再生案件で注目を集める、バリューマネジメント(本社:大阪市北区)の他力野淳社長だ。行政との取り組みにより施設の運営だけでなく、その先の街の活性化を目指してきた同社。ブライダルを展開しつつも他社とは一線を画する事業内容は、採用にも大きなメリットを生み出している。インターンシップには7000名が集まるほどの人気ぶりで、業界内でも群を抜いていると言える。多くの学生を魅了してやまない、バリューマネジメントのミッションに迫る。

    詳しく見る