NEWS

ニュース

  • その他
  • 20.12.31

《2020年ブライダル業界TOPICS》⑩オンラインは今後どうなる?

 ステイホームのカップルに対して、新規接客、打合せをどのように進めるかという課題から、オンライン活用が定番化している。ワタベウェディングは『リゾ婚オンラインカウンター』の運営で、4月のオンライン接客が例年の13倍、5月も12倍になった。
 ノバレーゼ(東京都中央区)は緊急事態宣言の解除後、ZoomやSkypeを用いたオンライン内覧をスタート。自宅にいながら会場見学ができる仕組みを構築している。ブライダルメディアでも、オンライン活用をサポートするプランを出しており、今後も継続していく必要が高まっている。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、12月21日号)