NEWS

ニュース

  • ギフト
  • 20.06.03

花を通じて想いを繋ぐプロジェクトスタート【PDP】

 ポジティブドリームパーソンズ(本社:東京都渋谷区)が運営するフラワーショップ『サンジョルディフラワーズザ・デコレーター』は、5 月7日から花で想いを繋ぐプロジェクト『―世界が花で溢れたら―』をスタートした。 毎年母の日には、花を通じて想いを届けてきた同ブランド。手紙の同封やメッセージの代筆なども多く受けているなかで、今年は例年と異なる流れがあったという。 
 「通常は『いつもありがとう』、『健康には気を付けてね』などのメッセージが多い一方で、今年は『会えないけれど…』という言葉が多く目立ちました。5 月10日の1 日に限定せず、当ブランドでは期間を延長して5 月末までを“母の月”に制定。想いを伝える特別な期間として打ち出しています。」(戦略管理統括本部マーケティング&ブランディング室・中上真子氏) 
 プロジェクト開始に伴い、3 月11日から展開スタートした『FlowerLetter』の追加販売を決定。母の月の限定デザイン( 5 月末まで)、及び初夏限定デザイン( 7 月末まで)を用意している。母の月限定デザインは、暗い話題が多いうとの意味を込め、暖色系の生花を中心にチョイス。フラワーデコレーターが、丁寧にボックスに花を詰めていく。通常価格は4620円だが、より多くの想いを届けるために、2750円の特別価格を設定。商品名の通りメッセージカードがセットになっており、日ごろ言えない感謝の想いを、花に乗せて伝えていく。 
 「メッセージは公式オンラインサイトから簡単に入力可能。希望に応じて、手書きの手紙も入れられます。プロジェクトはコロナ収束まで展開していく予定。今後も様々な商品やデザインをリリースしていきます。」(中上氏)
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月1-21日号)