NEWS

ニュース

  • 会場
  • 20.05.25

未来に向けたプロジェクト始動【アニヴェルセル】

 アニヴェルセル(本社:東京都港区)は、5月中旬から【#willfun】プロジェクトを開始した。
 結婚式を延期したカップルが少しでも笑顔になるように、また自宅での時間が楽しくなるようにとの想いを込めて企画。プロダクト部プロダクト開発支援課責任者の寺田育郎氏を中心に、内容を詰めていった。
 現在は在宅からでも準備や相談ができる『オンライン・電話相談会』の訴求、結婚式を諦めない『エールプラン』の提案、アニヴェルセルの味を自宅で楽しめる『シェフからの応援メッセージ』を配信している。
 オンライン接客は運営する全13会場で実施。これまでも国際結婚や遠方カップルなど、成約後の打合せをWeb上で対応するケースはあったが、大々的な新規接客のオンライン化は初の試みとなる。各式場の公式サイトから受け付けており、Googleハングアウトを使用。受注後の打合せは、電話と同社オリジナルシステムの『WEDDING MEMORY』で対応している。注力しているプロポーズ事業も、Web相談を実施している。 
 エールプランは少人数会食プラン、セレモニー&フォトの挙式のみプラン、写真撮影だけのフォト婚プランの3つを用意。 
 「カップルにヒアリングをしていくと、開催がやはり不安という声が聞かれます。形を変えてでも結婚式を諦めないでほしいとの想いから、三密を避けられるようなプランの打ち出しに至りました。」(経営戦略企画室広報・PR担当・梁原由寛氏)
 シェフからの応援メッセージは、7日間連続で同社人気のレシピを披露。インスタグラムやFacebook、Twitterを始め、式後のカップルに送信するメルマガでも公開した。第1弾はみなとみらい横浜店で人気のカフェメニュー、『あぶりサーモンのティエド―米粉のクレープと春の野菜―』を紹介。必要な材料や手順をはじめ、アレンジする際のポイントも合わせて掲載している。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月1-21日号)