NEWS

ニュース

  • 会場
  • 20.05.25

オンラインカウンター強化【ワタベウェディング】

 ワタベウェディング(本社:京都市下京区)は2018年11月から『リゾ婚オンラインカウンター』を運営している。コロナの感染拡大を受け、現在は通常時の17倍の人数体制で、Webでの対応を強化している。
 実店舗と同様に、リゾートウエディングの相談や申し込みがWeb上でできる同社のオンラインカウンター。これまでは店舗が近くにないカップルや、子供を持つ親などを主な顧客ターゲットとして展開してきた。 
 緊急事態宣言が発令され、4月下旬時点で全国の37店舗は休業の状態に。外出自粛が続く一方で、「入籍が決まったので、収束後のリゾートウエディングとハネムーンの相談を今しておきたい」といったニーズもあり、Webでの対応強化を決定した。 
 オンライン相談の流れは、チャットや問い合わせフォームから新郎新婦が必要事項を記入。希望の挙式エリアなどをプランナーが把握したうえで、カップルとのやり取りを開始する。チャットやメールのほか、ベルフェイスの利用も可能だ。 
 プランナー経験を持つ専任スタッフがオフィスの会議室からWeb上で相談に応じる。合わせて昨年1 月からは、ママスタッフによる在宅での対応も試験的にスタートしていた。 
「小さい子供を持つママが出産後も高いスキルを活かして仕事を続けられる環境を作りたいと考え、オンライン相談対応が候補に挙がりました。子どもを見てくれる家族が土日にいる場合など、事前に時間を調整して業務に臨めます。スタッフからも『仕事と家庭の両立ができる』との声が聞かれています。」(広報担当・田村愛実氏)
 航空券やホテルの手配など、Web上でも予約が可能。顧客の希望によっては1 度も来店せず、手続きが完了できる。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月1-21日号)