NEWS

ニュース

  • 関連企業その他
  • 20.02.15

CSアップの秘訣 成約後すぐに打合せをスタート【メテオールウェディング】

 プロデュース会社のメテオールウェディング(福岡市中央区)は、パーティから1 年前の成約でもカップルとの打合せをすぐにスタート。当日までのミーティングは平均20回にもなる。 
 一般的に4 ~ 5 ヵ月前にスタートする打合せ。代表取締役の松田裕介さんは、「準備期間も一生に一度だからこそ、成約が早かった分楽しんでほしい」と考えている。打合せの主なツールはLINE。メールではなく、スマホですぐにコミュニケーションが取れるようにしている。 
 「共働きの新郎新婦も多いため、半年前から準備を開始したのでは時間が足りないと思うカップルもいるでしょう。式から逆算して打合せの開始時期を決めるのは、ブライダル業界の都合でしかない。スタートしたい時にすぐにできる環境づくりを目指しています。」 
 エステやダイエットに臨むとなれば、体型が変化していく新婦も少なくない。松田さんは、「ドレスはまだ決めなくてもいいので、まずは1 度見に行きましょう。きっとワクワクしますから!」と声を掛ける。そうすることで提携衣裳店もカップルと早々にコミュニケーションを取ることができ、ドレス決定のタイミングでは信頼関係から単価アップにも繋がるわけだ。 パーティのお開き後には、「松田さんともう一緒に打合せができないのが寂しい」と言われることも多いという。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、2月11日号)