NEWS

ニュース

  • その他
  • 20.01.21

長期インターンシップの活用【アイタンクジャパン】

 6 万人の学生を会員登録し、長期有給インターンシップとして企業に送り込むサービスを展開しているアイタンクジャパン(東京都新宿区)。ウエディング企業の登録も増えている中で、今後はより採用競争力を上げるための提案を進めていく。
 「現在11社のブライダル関連企業が登録し、インターンシップ採用に活用しています。ただ、アルバイトとのすみ分けが明確でなく、職種も料飲サービスが中心になってしまっています。当社のインターンシップを利用する学生は、早い段階から仕事や職場環境に触れることで、新卒として入社したいと思えるかどうかを重視しています。企業にとっても早い段階から優秀な学生にアプローチできるチャンスでもあり、それを踏まえてキャリアステップの設計などもより採用を見越していくことを提案していきます。」(代表取締役社長、藤原義人氏) 
 インターンシップは、就職を目指す学生のリアルな体験の機会でもあり、単なる人手不足を補うだけではもったいない活用である。長期のインターンシップを経験してきたことで、新卒で入社した場合に即戦力化も可能。だからこそ、より就職後を見据えた実践的なキャリアプランの設計が求められる。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、新春特大号)