NEWS

ニュース

  • コンサルティング
  • 19.12.12

~新規セールス力UP!!~サロン専任スタッフ本音を聞き出す役割【at-heart】

 「全員接客の裏の主役とも言うべき存在が、サロンのトレンチ担当スタッフです。ただドリンクを聞き提供するだけでなく、新郎新婦の友人という立場になり、相談に乗るという大切な役割があります。」
 こう語るのは、会場全員接客をサポートする、at-hear(t 東京都中央区)の代表取締役社長・稲岡利彦氏だ。このスタッフがカップルとのコミュニケーションを築き、最終的には本音を引き出すことで、クロージングに大きな影響を与える。
 「クロージング時に見積もり作成などでプランナーが席を離れた際に、10分、15分も空ければ、2人の温度感はどんどん下がっていきます。もしかしたら、2 人で早く帰りたいといったことを話しているかもしれない。温度感を下げないように、ドリンクのお替り対応をするだけでなく、プランナーと連携しながらアルバムや装飾の事例などを見てもらうよう働きかけていく。さらに、カップルの様子を見ながら、様々な情報をプランナーに伝えていく。最終的には、コミュニケーションを重ねることで、プランナーや支配人には直接話すことができない2人の本音を聞き出していくことができます。トレンチ担当スタッフが、2 人の本音に対して解決するための提案をする必要がありません。あくまでも顧客側の立場を貫き、本音をプランナーに伝える役割なのです。」(稲岡氏)
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、12月1日号)