NEWS

ニュース

  • コンサルティング
  • 19.11.11

~今から始める!年始商戦~人員不足を解消する【クラリスウエディン グプランナー研究所】

 年始商戦を控え注目を集めているのが、クラリスウエディングプランナー研究所(東京都千代田区)の新規接客人員の業務請負だ。集客繁忙期に人手が不足する可能性のある施設から、問合せ・依頼が舞い込んでいる。
 現在同社は、29会場と契約(東京25、関西4 )し、人材を送り込んでいる。さらに年末までには、52会場に増やすことを見込んでいる。契約会場数の増加に伴い、新規接客人員の増強も進めている。現在は70名が登録し常時稼働は50名であるが、これも100名にまで増やしていく。
 「業務請負のメリットは、年始の集客シーズンであっても、固定ではなく変動費で対応でき経費がコントロールできること。さらに当社では、会場に在籍している社員のサポートになることも重視しています。繁忙期であっても、正プランナーが疲労困憊の状況になることなく、当社のサービスを有効活用してもらうことで、働き方改革にもつながります。」(ブランドエグゼクティブ・伊藤淳氏)
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月1日号)