NEWS

ニュース

  • コンサルティング
  • 19.11.10

発注、仕込みなどを一元管理【Asanoha】

 厨房コンサルティングのAsanoha(栃木県栃木市)は、ブライダル厨房の発注数計算、調理工程表、レシピなどを一括管理すると共に、施行数に応じて週ごとに帳票を出力できるシステム【SmArt】を、年明けにリリースする。調理場でPCが必要な業務を、一元化、簡略化することで、生産性向上を担っていく。
 「ブライダルの調理現場において時間がかかるのが、施行数に応じた様々な計算や、資料の作成です。一つ一つ対応していると、うっかりミスも起こりやすい。この部分を網羅したシステムにより、働き方改革も実現できます。」(代表取締役・萩原勲氏)
 食材マスターシートでは、仕入れ会社ごとに食材を設定。20社までの登録で、1 社最大600の食材が入れられる。個、箱など単位も事前に設定。さらに仕入金額、アレルギー表記もここで対応する。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月1日号)