NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 19.11.08

私のキャリアアップ【第一ホテル東京 シーフォート プランナー 梨木恵理さん】

出産・育児を経験し職場に復帰

 第一ホテル東京シーフォート(東京都品川区)のプランナー・梨木恵理さんは今年の6 月、約1 年の育児休暇から復帰し、現在はママプランナーとして活躍している。結婚、出産を経験したことで、新郎新婦との接し方が変わったという。
 ブライダル業界に憧れ専門学校卒業後、ホテルに入社した梨木さん。多くのウエディングを担当するも20代前半の頃の結婚式は『イメージ』でしかなかった。自身が式を挙げたことで、『現実』のものとなった。
 「花嫁の立場になり、カップルの大変さを知りました。プランナーとして結婚式に関してはプロだと思っていましたが、甘かったです。式場からの宿題も多く、参列者への連絡も必要。私の場合はゲストが150名でしたから、尚更大変でした。1 人ずつ感謝の気持ちをメッセージに書こうと決めていましたが、気づけば挙式前日という始末(笑)。DIYが流行っているので、最近は手作りの装飾やギフトを持ち込むカップルも増えていますが、スケジュール管理は大切だと伝えています。」
 母となり、小さな子供がいる夫婦の式の大変さも実感。
 「準備は育児や仕事と並行して進めなければならないので、私には真似ができないと頭も下がります。女性のライフイベントを経験したプランナーとして、新郎新婦はもちろん、これから活躍する若手への声掛けを大事にしていきたいです。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月1日号)