NEWS

ニュース

  • フローリスト
  • 19.11.06

ガーベラを使ったブーケ【ロゼブランシュ】

 ロゼブランシュ(横浜市中区)の主宰・米澤京子氏は3 年前、プリザーブドフラワーのガーベラをメインにしたブーケを制作。ミュシャの絵画からインスパイアを受けた作品だ。
 絵画は花や植物をモチーフとして取り入れた、アールヌーヴォ時代を象徴するもの。ガーベラをそのまま庭から摘んできて束ねたように、葉ものを一緒に入れ作品を仕上げている。色味も薄いオレンジ、ピンク、白を使用し、黄緑色のアジサイと色を合わせた。
 「ブーケでガーベラは珍しいですが、白いコットンのドレスに合わせたガーデン挙式に最適です。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月1日号)