NEWS

ニュース

  • 連載
  • 19.09.30

令和時代のネットプロモーション最前線#4―衣裳編―(ウエディングパーク ドレス メディア責任者 山田綾子氏)

 皆さんこんにちは。ウエディングパークの山田綾子と申します。4回目のテーマは、トレンドと共に多様化してきている結婚衣裳について。弊社が運営している結婚衣裳選びのクチコミ情報サイト『ウエディングパークドレス』のデータをもとに、衣裳選びをしている花嫁の最新トレンドと、プロモーションへの活かし方をご紹介します。
 まず『デザイン』の最新トレンドについて。上半身は腕や肩回りをすべて露出するビスチェタイプが減り、隠しながらデザイン性も楽しめるノースリーブや半袖、オフショルダータイプなどが人気。これは初婚年齢が上がっていることを背景に、過度な露出をおさえたいという花嫁のニーズが考えられます。また全体のデザインも、Aラインなどのコンパクトでスカートのボリュームの少ないタイプを選ぶ方が増加。近年、ゲストとの距離が近いアットホームな結婚式が多くなってきていることから、動きやすいシンプルなデザインが好まれることが伺えます。プロモーションの際は、ドレスそのもののトレンドだけではなく、こうした人気の背景を考慮してクリエイティブに反映していくとよいでしょう。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、9月21日号)