NEWS

ニュース

  • フローリスト
  • 19.07.29

ブーケのテーマは『海風のウェディング』【KINUKAフローラル・ブラッサム】

   KINUKAフローラル・ブラッサム(埼玉県ふじみの市)の主宰・阿竹衣香氏は2 年前の春、海辺の結婚式をイメージしたブーケをアーティフィシャルフラワーで制作した。
 『海風のウェディング』をテーマに、浜辺を歩くシーンをイメージし、風に揺れるキャスケードブーケをデザイン。プルメリアやオーキッドの花のほか、アジアンタムなど南国の草も入れ、テイストを統一した。ネイビーのネリネで作品を引き締めた。
 「雑誌掲載後、花嫁からの問合せもあり、花材を蘭に変えて和装のブーケとしても提案しました。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、7月11日号)