NEWS

ニュース

  • OPEN&Renewal
  • 19.06.28

独立型の新チャペル【ホテル南風楼】

 ホテル南風楼(長崎県島原市)は7月中旬、【オーシャンズチャペル結~KIBIRU~】をグランドオープンする。完全独立型のセレモニースペースで、祭壇奥からは海と空が広がる。十字架を取り外しでき、人前式や神前式など様々なニーズに対応していく。ブライダル強化に向けてチャペル設立に至った経緯や、受注状況などを追った。
 ホテル南風楼が、今夏新たにオープンする独立型の『オーシャンズチャペル結~KIBIRU~』。案内開始後集客も好調に推移しており、成約率は50%から70%までアップしている。 創立111年の歴史を持つ同施設。老舗旅館としてブライダルも並行して受注してきた。
 「一方で、既存のセレモニースペースは団体宿泊の宴会場としても利用するなど、専用の挙式会場ではありませんでした。宴会が入れば見学ができないなど、オペレーション面で、課題を感じていました。」(ウェディングプランナー・横田弘一氏)
 宴会場からセレモニースペースにどんでんする際にかかる人手も、課題の1 つだった。5 年前からブライダルの受注にも積極的に乗り出しており、式場としての認知も広がってきたことから、専用チャペルのオープンを決定。ドッグランだったスペースを改装し新設した。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、6月11日号)