NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 19.06.18

プランナーになったきっかけ【NEO FLAG. ウェディングプランナー 山田絵里加さん】

  NEO FLAG.(横浜市都筑区)のウェディングプランナー・山田絵里加さんは、結婚式を挙げた友人の想いを聞いて、ブライダル業界への就職を志した。
 大学進学を機に地元・静岡を離れた山田さん。高校在学中はその友人と親しかったものの、卒業以降自然と連絡が途絶えてしまったという。友人は3 年前に結婚。その際山田さんは、「ぜひ式に参列してほしい」と声をかけられた。
 「式後に彼女と会った時、『結婚式を通じて自分の生き方を肯定でき、考えが大きく変わった』と笑顔を見せていました。結婚式は人の考えにこんなにも影響力があるのかと感じた瞬間でした。」
 当時すでに不動産会社への就職が決まっていた山田さん。プランナーへの憧れが一気に高まったものの、3 年間はその会社で働くことを決意。週に1 度20時からのスクールにも通い、仕事と勉強を両立させていった。キャリアプラン通り、3年働いた不動産会社を円満退職。プランナーの道を今春から歩み始めた。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、6月1日号)