NEWS

ニュース

  • クリエイター
  • 19.06.13

‡個性が光る人気クリエイター‡山梨の花を使ったキャンドル【HOPE2018】

  HOPE2018(山梨県甲斐市)のプレゼンター・小田切綾子氏と内田真記子氏は、昨年4 月からユニットでキャンドルクリエイターとして活動を開始。売り上げの50%を占めるのがウエディング関連だ。ギフト、装飾、キャンドルリレーの需要に対応し、起業も目指している。
 スターチスやバラなどを使ったボタニカルキャンドルは5 サイズを展開し、最大30cmのものも。地元山梨県の花農家が制作したフラワーを使用している。アジサイやケイトウなどは自分達の手で栽培している。
 「地元のブドウ農家ともコラボして、葉や皮を使用した作品も企画中です。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月21日号)