NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 19.06.11

私の忘れられないウエディング【ぺルテフォーリア ウエディングプロデューサー/チーフ 花房愛さん】

姉の結婚式をプロデュース
 ぺルテフォーリア(滋賀県大津市)の花房愛さんの思い出に残っている結婚式は、姉へのサプライズウエディング。 1 歳違いの姉は結婚し子供もいたが、式を挙げていなかった。プランナーになった頃から、自分がプロデュースした式をプレゼントしたいと考えていた。
 プランナーになって3 年経った頃、式場の定休日と姉の誕生日が重なっている日で実施することに。7 月の本番に向け、半年前から準備を進めた。姉の好きなバービーの世界観を作り上げるため、ドレスや装飾、ケーキは濃いピンクをメインに。BGM、進行も花房さんが考えた。
 予め「私がドレスを選ぶから、フォト婚だけでもしよう」と姉に提案していた。当日、チャペルに入ると親族や友人が。姉は驚きながらも涙を流し喜んだ。 「その半年前に『花嫁になった気持ちで親に手紙を書いてみて』と私の仕事と絡めて話していました。その時に綴ってくれた想いを当日、親にサプライズで伝えることができ両親も感動していました。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月21日号)