NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 19.06.08

私の忘れられないウエディング【ロイヤルパークアルカディア久留米 西優奈さん】

花嫁へのサプライズソング
 ロイヤルパークアルカディア久留米(福岡県久留米市)の西優奈さんが思い出深いと話すのは、父親から新婦に歌を送るサプライズをした結婚式。
 プランナーになって初めて打合せから担当したカップル。当日まで念入りに話し合いを重ねていた。ところが当日の朝に突然、新婦の父親から「娘のためにギターで1 曲歌いたい」と言われた。新婦の両親は離婚をしていて、2 人共列席はするものの、新婦の母は父親にいい思い出を抱いていない。それでも父親の熱意を叶えたいと、サプライズをすることに。 急いで会場のスタッフに確認をとり、リハーサルを行った。本番では、父親は新婦の近くで、幼い頃の娘との想い出のJPOPを歌いあげた。
 「お母さんの表情は曇っていましたが、新婦は喜んでいたので安心しました。後日、お父さんから電話で『娘のためにプレゼントすることが出来て本当にいい思い出の結婚式が叶って良かった。ありがとう』と感謝の言葉を頂きました。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月21日号)