NEWS

ニュース

  • 地域
  • 19.01.11

[地域ウエディング協議会トップインタビュー]豪雨被災者に笑顔を【岡山ウェディング協議会 会長 磯島祐子氏】

  ――昨年、岡山県を含む西日本で、未曽有の豪雨災害があり、多くの方が避難所生活を強いられました。ウエディング協議会も、ボランティアに足を運んだと聞きました。
 磯島「岡山県は、『晴れの国おかやま』と県がアピールしているほどで、昨年の西日本豪雨は本当に信じがたく、被災者を思うととても心苦しいものでした。当団体の加盟式場でも、結婚式のキャンセル状況などを把握し、どう対応していくべきかを、被災直後に話し合っていきました。同時に、私たちに、何か出来ることはないかと。避難所生活を強いられている被災者に、少しでも笑顔になってほしいと、炊き出しを実施し、温かい豚汁を提供しました。私たちは日々、幸せを感じられるウエディングの仕事をしています。そうした企業が集まる団体だからこそ、出来たサポートだったと感じます。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、1月1・11日新春特大号)