NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.12.04

デビュー〔初めての〕ウエディング【ケント ウエディングプランナー 村木亜希さん】

若さとスマイルで新規接客

 プロデュース会社、ケント(兵庫県神戸市)のウエディングプランナー・村木亜希さん。デビューは、東京のホテルでの新規接客だった。 
 「ウエディングの当日施行の様子も分からないまま新規担当になったため、夢を語り、若さと笑顔で接客していました(笑)。」
 現在は現場経験も重ね、プロデュース会社に転職。主に当日施行を担当。当時に比べ、式の進行を踏まえた提案もできるようになった。
 「例えばスピーチや余興など、沢山の演出を希望するカップルがいます。新人のころは『希望していることは全部やりましょう!』と同意していたと思います。現在は具体的にスケジュールを立てて、ゲストが2人とトークや写真を楽しめる時間があるかを考えます。詰め込みすぎと感じた場合は、演出のカットをおすすめする場合もあります。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月21日号)