NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.11.08

リソル生命の森で屋外ウエディング【a’pocket wedding 代表 小森あゆさん】

滑車で下る再入場を希望

 a’pocket wedding(千葉県千葉市)の代表・小森あゆさんは、2 年前、リソル生命の森の屋外ガーデンでの結婚式をプランニングした。
 カップルはガーデンの上に吊られた445mのロープを、滑車に身体を固定して下る「ロングジップスライド」での入場希望に対し、小森さんは、再入場で使用することを提案した。
 新郎新婦がゲストを待たせず、最短で移動するよう入念に準備した。カップルは中座後、10分以内で準備。ホテルには戻らず、森の奥でドレス&タキシードからツナギに着替えた。会場の真上を滑空するため、靴底も綺麗にした。滑空後は、最短ルートでカートを使い会場に戻った。
 カップルの中座から会場に戻るまでの30分間、広大な敷地で食事を楽しむ参列者。サプライズで上空に2人が登場したのを見たゲスト達は、大いに盛り上がったという。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月1日号)