NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.10.09

~人前式~家族のみの挙式で伝えた新郎新婦への言葉【フリーランス ウエディングプランナー Ayame氏】

 フリーランスウエディングプランナーのAyame氏は、9 月9日、自身初となるバリでのウエディングをプロデュースした。受注当初はキリスト教式を予定していたが、カップルとの打ち合わせを重ねていくうちに、人前式に変更。家族だけでのリゾートウエディングの意味をセレモニーの中で表現した。
 20代前半の新郎新婦。両親に感謝の想いを伝えると共に、2つの家族が一緒になり、新しいスタートとなる1 日を希望していた。友人は帰国後のパーティに招待するため、列席人数は両家家族の7 名のみ。宗教的な儀式よりも、新郎新婦の感謝の気持ちを式の最中に伝えられるものをと考え、人前式に変更した。
 挙式はバリのラグジュアリーホテルにあるビーチで実施。式のプロデュースはもちろん、司会もAyame氏自らが務めた。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、10月1日号)