NEWS

ニュース

  • OPEN&Renewal
  • 18.06.11

年間受注150組を目標に掲げる【クラシカ表参道 別邸 KEYAKI/ブライダルプロデュース】

 ブライダルプロデュース(本社:横浜市中区)が運営するクラシカ表参道は、5月26日、少人数向けのパーティ会場を展開する「別邸KEYAKI」をオープンした。既存のバンケットが100名前後収容可能に対し、新会場は10名から最大40名(着席時)までの対応としている。年間受注目標は150組で、ニーズが増加する少人数需要の獲得を目指す。

  ブライダルプロデュースの運営店舗・クラシカ表参道は、5 月26日、既存店の隣りに「別邸 KEYAKI」をオープン。最大収容人数40名(着席時)のバンケットを所有しており、年間受注目標は150組を掲げる。
 クラシカ表参道のコンセプトは「和モダン」。大聖堂など洋風の施設が多い青山・表参道エリアで他社との差別化を図っており、2014年9 月の開業以降、受注も好調に推移してきた。
 既存施設は、サウンドホール(チャペル)のほか、50~96名、50~106名まで対応可能なバンケットを2 つ所有。家族のみ等のウエディングを希望するカップルには、平日限定でレストランでの婚礼も6 名から案内していたが、増加しつつある30~40名の少人数ウエディングの受注増加を目指し、既存施設の隣りの土地を購入。今回の別邸オープンに至った。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、6月1日号)