NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.04.16

デビュー 初めての挑戦【フェアリーブライダル ウエディングサポート プロデューサー 名倉嗣人さん】

シマウマに見守られて結婚式

 フェアリーブライダル(愛知県豊川市)のウエディングサポートプロデューサー、名倉嗣人さんは、2016年、カップルにとって初デートの場所でもある「のんほいパーク-豊橋総合動植物公園」で、初めての開催となる結婚式をプランニングした。
 挙式会場は緑が豊かなシマウマの前のエリアに決定。せっかくなので演出に動物を取り入れようと、シマウマをカップルに近づけて記念撮影をすることになった。
 「リハーサルのマイクの音にも警戒していたシマウマ。本番で近寄ってくる保証はないと言われました。失敗したらカバなど他の動物の前で撮影しようと対策も立てました。」
 実際には、飼育員の手にした餌に導かれ新郎新婦のそばに。無事演出は成功。胸をなでおろしたという。
 メディアもこの結婚式を取り上げ、それを見た別のカップルから「同じ演出を取り入れたい」という問い合わせもあった。昨年には2 度目の結婚式も担当した。2 回目の施行では、シマウマも慣れたようで、新郎新婦を祝福するようにスムーズに近寄ってきたという。