LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

  • 企業が協力し意義を発信する必要【ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長 杉元崇将氏】

    企業が協力し意義を発信する必要【ポジティブドリームパーソンズ 代表取締役社長 杉元崇将氏】

    ブライダル大手企業のポジティブドリームパーソンズ(東京都渋谷区・以下PDP)は、レストランやギフト事業などの展開によって、これまでも事業リスクを分散化した展開をすすめてきた。ところが、【集まる】ことにネガティブなムードとなり、婚礼、レストラン共に大きなダメージを受けている。ブライダルのビジネスモデルそのものに対する危機感も踏まえて、今後の対応を杉元崇将社長に聞いた。

    詳しく見る

  • 連載④~あなたの会社は大丈夫?デジタルクライシス対策術〜世論の変化で炎上リスクが生まれることも〜(SIEMPLE 主任コンサルタント 桑江令氏)

    連載④~あなたの会社は大丈夫?デジタルクライシス対策術〜世論の変化で炎上リスクが生まれることも〜(SIEMPLE 主任コンサルタント 桑江令氏)

     新型コロナ関連でネット上では毎日様々な事象に対して対立構造が生まれ、議論が巻き起こっている。分かりやすく表現すれば「自粛推奨派」と「経済重視派」とでも言えるだろうか。企業の方針に対して、それぞれの立場から意見を好き勝手に述べる。そしてそれが相手への攻撃へとエスカレートしていく。著名人の発言や投稿は、本人の意図やニュアンスを切り離されて独り歩きし、時には誤解や偏見も加わって、「まさか」という思いもよらない反応が生まれる。このコロナ禍の中で少しでもSNSを利用していれば、もう見慣れてしまったのではないだろうか。こうした事象は確かにここ最近で悪化していると言えるが、実はその兆しはここ1 ~ 2 年で見えていた。 

    詳しく見る

  • オンラインの対応強化と本質の追求を図る【バリューマネジメント 代表取締役 他力野 淳氏】

    オンラインの対応強化と本質の追求を図る【バリューマネジメント 代表取締役 他力野 淳氏】

     「打合せのオンライン化は進んでいくが、大切な人が集まる結婚式の文化は消えない」。そう語るのはバリューマネジメント(本社:大阪市中央区)の代表取締役・他力野淳氏だ。文化を紡ぎ続けるには、結婚式の本質をカップルに伝えていくこと。その時間を割くための業務効率化や今後可能性のあるビジネスモデルなど話を聞いた。

    詳しく見る

  • 無料延期の方針は2月15日時点ですでに決定【テイクアンドギヴ・ニーズ 代表取締役社長 岩瀬賢治氏】

    無料延期の方針は2月15日時点ですでに決定【テイクアンドギヴ・ニーズ 代表取締役社長 岩瀬賢治氏】

     コロナ禍、緊急事態宣言への対応に関して、高い評価を集めているのがテイクアンドギヴ・ニーズ(東京都品川区、以下T&G)だ。感染拡大で刻々と状況が変化する中、延期無料方針の一貫性、スピーディな対応、顧客と寄り添う姿勢は、ネットやSNSでも賞賛の声が上がっている。さらに、感染予防のための自主ガイドラインをすでに完成させ、施行再開に向けた万全の体制を整えている。安心感のために100%の準備を進めてきた、岩瀬賢治社長の考えとは。

    詳しく見る

  • スタッフから企画アイデアを募集【アルカディア 代表取締役社長 大串 淳氏】

    スタッフから企画アイデアを募集【アルカディア 代表取締役社長 大串 淳氏】

    「2 月末から施行可能かの問い合わせが徐々に入り始め、3月は30%が延期。4 月は家族だけなど一部少人数施行はありましたが、それ以外はほぼゼロでした。5 ~ 8 月に関しても延期が大半を占め、バンケットはほとんど空いている状況と言えます。秋は大半の顧客が様子を見ており、私自身も秋からは実施できるのではという期待を抱いています。とはいえ年内いっぱいまで長期的な影響が出ることもシナリオの1 つですので、コロナの波がじわじわと広がり始めた2 月後半から、収支のシミュレーションをスタート。3 月初めにはメインバンクとの借り入れの話も進めていました。コロナの影響が想定よりも長引き現在は銀行の対応も時間がかかると聞いていますので、早い段階から準備できたのは良かったと言えるでしょう。」

    詳しく見る