LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

  • 《パートナー企業トップインタビュー》記念日需要の獲得も目指す【yui 代表取締役CEO 南達也氏】

    《パートナー企業トップインタビュー》記念日需要の獲得も目指す【yui 代表取締役CEO 南達也氏】

     「当社はカードタイプのオリジナルデジタルカタログギフトの作成サービスを展開しています。2018年のスタート以降BtoCを中心に事業を拡大していますが、大手プロデュース会社をはじめ式場との提携も増えており、toBも堅調に推移しています。とはいえコロナの影響は大きく、4、5月は納品がゼロまで落ち込みました。一方で6月3週目からは申し込みが徐々に戻ってきており、7~8月以降は数字も徐々に回復してくるとみています。」

    詳しく見る

  • 連載⑤~あなたの会社は大丈夫?デジタルクライシス対策術〜採用候補者のリファレンスチェックを〜(SIEMPLE 主任コンサルタント 桑江令氏)

    連載⑤~あなたの会社は大丈夫?デジタルクライシス対策術〜採用候補者のリファレンスチェックを〜(SIEMPLE 主任コンサルタント 桑江令氏)

    ◆「バイトテロ」で顕在化した新たなリスク
     昨年始めに世間を賑わせた“バイトテロ”を覚えていることだろう。飲食店やコンビニ、カラオケ店などで働いているアルバイトの学生が、勤務中の“悪ふざけ”をスマホで動画を撮影し、SNSでアップしてしまった事件だ。その“悪ふざけ”の内容というのが料理を床にこすりつけたり、食材をゴミ箱に一度捨ててそれを拾って調理したりと、不衛生で思わず顔をしかめてしまうようなものだった。
     この事件はネットだけでなく多くのテレビや新聞でも取り上げられ、とある飲食店は全店休業の上で社員研修を行うなどの対応に迫られた結果、億単位の売上損失を出していた。こうして、企業にとっては看過できない経営リスクとして認識されたのだ。

    詳しく見る

  • 《パートナー企業トップインタビュー》パーティの準備をシステム上で効率的に進める【PIEM 代表取締役 森本厚彦氏】

    《パートナー企業トップインタビュー》パーティの準備をシステム上で効率的に進める【PIEM 代表取締役 森本厚彦氏】

     「当社のシステム『ONE-W』は、成約後のカップルと会場を繋ぎ、結婚式準備をオンライン上でスムーズに進められるものです。今春時点で全国500会場に導入されており、多くの式場から『業務負担軽減に繋がる』との声が上がっています。当システムは基本的に新規成約後に出番があるわけですから、コロナの影響と緊急事態宣言の発令により、4、5月に関しては利用挙式数が前年同月比で80%以上落ち込みました。」

    詳しく見る

  • HPのKPIのずれを防ぐために【グロウ・リパブリック CEO 宮村岳志氏】

    HPのKPIのずれを防ぐために【グロウ・リパブリック CEO 宮村岳志氏】

     人気会場を中心に、150以上のブライダル関連のHP制作を手掛けてきた、グロウ・リパブリック(東京都目黒区)。WEB集客が注目され、HPのリニューアル機運も高まる中で、注意すべきポイントについて宮村岳志CEOに聞いた。

    詳しく見る

  • 成約顧客に毎月、花束を贈る【ザマグリット 代表取締役社長 羽原俊秀氏】

    成約顧客に毎月、花束を贈る【ザマグリット 代表取締役社長 羽原俊秀氏】

     岡山にあるザマグリットは、コロナの影響により60組以上が延期となった。目の前の顧客がいなくなった状況の中で、何かできることはないかと考え、予約している顧客に対して、毎月ブーケなどのプレゼントを贈っている。羽原俊秀社長は、受け取った新郎新婦からの喜びのリアクションこそが、ブライダルの仕事の醍醐味と語る。

    詳しく見る