LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

  • “新連載”経営者がおさえておくべきCRMのポイント~メルマガとは全く異なる「あなたとの対話」メールマーケティング~(テイクアンドギヴ・ニーズ 新規事業開発部長岩田 能氏)

    “新連載”経営者がおさえておくべきCRMのポイント~メルマガとは全く異なる「あなたとの対話」メールマーケティング~(テイクアンドギヴ・ニーズ 新規事業開発部長岩田 能氏)

     T&Gの岩田と申します。全6 回の連載で当社の事例を織り交ぜながら、ブライダルとメールマーケティング(以降MM)の相性の良さをご説明していきます。
     婚礼業界では、LTV(生涯顧客価値)やCRM(顧客関係管理)というワードが目立つようになりました。挙式件数や単価の伸びの悩みを抱える中、1 度の婚礼だけでなく記念日に戻ってきてホテルやレストランも利用してほしい等、折角生まれた顧客との関係を起点に、新しい収益を作ることは経営課題の1 つ。T&Gでは一昨年からこの課題に取り組み始め、多機能なCRMシステム、LINEなどの導入を検討した結果MMに出会い、現在展開を注力しています。そしてMMは目論見にマッチしただけでなく、多くの課題を解決し、1 つのインフラとして成長しました。

    詳しく見る

  • 【この人に聞く】成約後すぐにイメージ訴求(BLISS EVENTS 代表取締役 葉山泰子氏)

    【この人に聞く】成約後すぐにイメージ訴求(BLISS EVENTS 代表取締役 葉山泰子氏)

      BLISS EVENTS(東京都渋谷区)の代表取締役・葉山泰子さんは、成約後すぐに、結婚式の方向性をカップルと決めていくことが重要だと話す。施行当日まで結果が見えないウエディングを、早い段階でいかに可視化させてあげるかがプランナーとしての腕の見せ所。ビジュアルで訴求し、やりたいイメージを膨らませていく手法を探っていく。

    詳しく見る

  • 〔新連載〕個人の力に頼らない会場全員接客の極意~新規接客は「未来の顧客」へのおもてなし~(at-heart 代表取締役 稲岡利彦氏)

    〔新連載〕個人の力に頼らない会場全員接客の極意~新規接客は「未来の顧客」へのおもてなし~(at-heart 代表取締役 稲岡利彦氏)

     なぜ、会場全員接客が必要なのか。土曜日の朝一番に来館してもらうことで、会場のスタッフ全員で手伝うことができます。そこで施設全体の総合力を見てもらう。腹落ちしてもらうためのポイントとなるのは、この人たちが手掛ける結婚式は素晴らしいはず、この人たちに任せたいと思ってもらうこと。シェフに料理を作ってもらいたい、キャプテンに当日を任せたい、カメラマンとは話も合うなど。他にはない唯一無二の【人】で、いかに勝負ができるか。人が新規接客に関わり、おもてなしを売っていく。そうすれば、新郎新婦はもちろん、ゲストにもこの人たちが素敵なおもてなしをしてくれるはずと、納得してもらえます。

    詳しく見る

  • “集客UPを導く『カスタマージャーニー』徹底解剖”CMとインスタ広告で潜在層を開拓(Do 代表取締役社長 遠藤正人氏)

    “集客UPを導く『カスタマージャーニー』徹底解剖”CMとインスタ広告で潜在層を開拓(Do 代表取締役社長 遠藤正人氏)

     皆さんこんにちは。前回の連載では潜在顧客層にリーチする方法の1つとして、式場でのイベント開催について説明いたしました。今号では潜在層を獲得していくうえで大きな力を果たす、効果的なテレビCMとインスタ広告に触れていきたいと思います。

    詳しく見る

  • ~Serviceの世界 連載5~見せる機会がなくても身につけておくべき“技術”【スギハラサービスクリエイツ 東京ステーションホテル責任者 飯塚晃貴氏】

    ~Serviceの世界 連載5~見せる機会がなくても身につけておくべき“技術”【スギハラサービスクリエイツ 東京ステーションホテル責任者 飯塚晃貴氏】

     クライアントである東京ステーションホテルで同社のサービス責任者を務める、スギハラサービスクリエイツの飯塚晃貴氏は、学生時代からサービスの仕事をスタートし、キャリアは25年を迎える。千葉県のホテルで、伝統的なサービス技術を身に着け、現在でも歴史あるホテルでそれを発揮することも。同時に若手スタッフの指導も担っている。プロフェッショナルとしての技術を披露
    する機会が少なくなっている現在であるが、プロとしての細やかな振る舞い一つでどう見えるかが変化する。そこに喜びを見出せるかどうか。

    詳しく見る