LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【匠のWAZA】全国の食材を使ったWメニュー(ホテル国際21 THE FIVE SEASONS NAKANO 総支配人/総料理長 佐藤直仁氏)

【匠のWAZA】全国の食材を使ったWメニュー(ホテル国際21 THE FIVE SEASONS NAKANO 総支配人/総料理長 佐藤直仁氏)

 ホテル国際21 THE FIVESEASONS NAKANO(長野県中野市)で5年前から総支配人/総料理長を務める佐藤直仁氏。10月に47都道府県の食材を取り入れたカップルオリジナルメニューをリリースし、来春から提供開始する予定だ。県内のみならず、日本全国の美味しい食材を取り入れていきたいと語る、その想いとは。

 ――新メニューをリリースするきっかけは。
 「定番メニューも用意していましたが、当施設では、『特別な食材を使ってほしい』などのオプションを付ける顧客が80% を占めます。私も『パンフレットの料理では他の人と一緒。一生に一度のメニューを作りませんか?』と案内しています。これまでは長野県の食材を中心に料理に取り入れてきましたが、新郎新婦から『実家のある都道府県の食材を使ってほしい』という要望が多かったことがきっかけです。日本全国の食材を、婚礼料理を通して紹介していきたいと思っています。また、2020 年のオリンピックに向け、インバウンド需要も伸びています。実際、外国人カップルのウエディングパーティのケータリングのオーダーを受けたこともあります。インバウンド顧客にも日本の美味しい食材を知ってもらえるきっかけになればと考えています。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、7月21日号)