LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【人前式】感動シーンは挙式で大人らしい結婚式に(オフィース・マリアージュ代表取締役 安部 トシ子氏)

【人前式】感動シーンは挙式で大人らしい結婚式に(オフィース・マリアージュ代表取締役 安部 トシ子氏)

 ブライダル企業のセレモニープロデュースのほか、挙式の企画開発も手掛けるオフィース・マリアージュ(東京都港区)の安部トシ子氏が語る人前式のポイントとは。

 安部「料理へのこだわりが高まっている昨今。例えば披露宴の感動要素を人前式に詰め込むということも一つのアイデアです。謝辞や花嫁の手紙、花束贈呈を式で行い、後は食事を楽しみましょうと。式に45分を取り、披露宴とのトータルで調整していく。披露宴売り上げにならなくても、結婚式でその分をカバーできます。ゆっくり食事を楽しみながら語り合いたいという大人のゲストにも喜ばれるはずです。世代のニーズを踏まえて、こうした対応が出来るのも人前式ならでは。」
 安部「人前式は、ブライダル業界の救いだと感じています。あれもやりたくない、これも嫌だという人達であっても、人前式だったらやってもいいと思われています。だからこそ、式が温かいものであり、2 人らしさを表現できるものにしていかなければなりません。時には全員が笑い、涙を流すようなものに。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、10月1日号)