LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【トップランナーに聞く】新郎新婦にとってのメリットを優先させる(BLISS EVENTS 代表取締役 葉山泰子氏)

【トップランナーに聞く】新郎新婦にとってのメリットを優先させる(BLISS EVENTS 代表取締役 葉山泰子氏)

 ウエディングはもちろん、海外VIPのMICEやイベントプランニングなども手掛ける、BLISS EVENTS(東京都渋谷区)の代表取締役・葉山泰子氏。どのようにして顧客からの信頼を得ながら、単価をアップを実現させているのか。ブライダル産業フェアで語ったポイントから、「稼げる」、そして「愛される」プランナー像を探る。

 そもそも葉山氏が考える「稼げるプランナー」とはどんな人を差すのか。
 「『稼げる人』とは、自分の考えや行動が、周りにどう利益をもたらすのかを常に考え、行動している人だと思います。当たり前かもしれませんが、約束を守る、嘘をつかない、相手と本気で向き合うなど、精神的なことが根底部分として、とても重要です。」
 結婚式という高価格の商品を売るプランナーという仕事。葉山氏がカップルから信頼を得るためには、どんな対応をしているのか。
 「1 人1 人どんなパーティにしたいのか、ニーズはもちろん異なります。理想とする結婚式の形、つまり『ゴール』を、会話の中から探り、早い段階で見つけ出すことが重要。ゴールが決まればそれに向かい、逆算して行動に移す。1 つ1 つステップを確実に歩んでいくにつれ、信頼に繋がっていきます。ゴールを見つけるためには本音を引き出すこと。出会ってすぐに自分から本音を話してくれる新郎新婦は少ないと感じます。本気でカップルの話に耳を傾けることで、少しずつ見えてくるものではないでしょうか。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月21日号)