LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【トップランナーに聞く】パートナー企業が働きやすい環境を整える(Wedding LAB 代表・ウエディングプランナー 遠藤佳奈子氏)

【トップランナーに聞く】パートナー企業が働きやすい環境を整える(Wedding LAB 代表・ウエディングプランナー 遠藤佳奈子氏)

 フリーとして活躍する一方で、アンダーズ 東京などのラグジュアリーホテルと提携し、婚礼プロデュースを手がけるWedding LAB(東京都港区)代表の遠藤佳奈子氏。チームワークを理解し、パートナー企業が働きやすい環境を作ることがプランナーにとって重要だと話す。信頼を得るためのポイント等を、ブライダル産業フェアで語った。

新卒でベストブライダルに入社した遠藤氏。当時は結婚式に参列したことがなく、仕事で初めて式を目の当たりにした際、最も感動したのは“裏側”だった。
「家族の絆などはとても感動的でした。それ以上に衝撃だったのが、サービスや司会者、音響スタッフなど、多くの人が『この結婚式を成功させる』という想いを胸に、1 つの結婚式を創り上げていることでした。ウエディングプランナーはカップルと接する時間も長く、中心に立つ“司令塔”ですが、パートナー企業の存在がなければ土俵にも上がれないのです。」
「プランナーとして大切なのは、関連企業の人たちが働きやすい環境を作っていくこと。例えば、施行当日の朝、会場を装飾したフローリストに、『今日のアレンジ、本当に素敵ですね!』と声を掛けてみる。カップルが、フローリストとの打ち合わせ後に、『安心して当日の装花を任せられる』と笑顔を見せていたら、それを当人に伝えてあげる。パートナー企業は、式の打ち合わせが1回というケースが大半なので、カップルと各担当の橋渡しをすることが大切です。このちょっとしたアクションが、全員が同じ方向を向けるきっかけになり、いい結婚式を創り上げるためには必要不可欠です。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、9月1日号)