BACK NUMBER

バックナンバー

  • 19.09.13

2019年9月11日号

包括使用料の試験的運用 音響・映像事業業者にとっては期待が高まる

 BGM用の録音物、プロフィールビデオ、演出・記録用ビデオへの音源複製に関して、JASRAC(東京都渋谷区)は10月1日から新料金規定を適用する。これまでの時間単位(分数)の計算から、1曲あたりの計算への変更により、映像・音響事業者にとっても著作権使用料の算出がこれまで以上に簡単となる。この新料金適用スタートを前にした8月30日、今度は【包括使用料の試験的運用】を発表。実証実験の内容とともに、JASRACが狙っている今後の流れを検証していく。