BACK NUMBER

バックナンバー

  • 19.07.22

2019年7月21日号

持たざる経営 業務請負
業務の分解・分担が先決
若年層の人材不足や働き方改革への取り組みによって、少数精鋭での運営を余儀なくされる会場が増えている。とはいっても、業務量がそのままでは結果として一人当たり負担がどんどん増していき、それを理由に離職を招くという悪循環に陥る。現場の業務を分解し、可能な範囲で外部に委託する経営は、ブライダルのみならず多くの企業が抱える課題でもある。ブライダル業界にも到来している「持たざる経営」と業務請負を検証する。