INFORMATION

インフォメーション

  • NEWS PAPER
  • 20.05.08

【撮影ディレクションー写真一枚で差をつけろー】「逆張り」で違いをつくる《Do》代表取締役社長 遠藤正人氏

 2010年からノバレーゼのマーケティングを担当し、昨年2月に子会社として独立したDo(東京都中央区)の遠藤正人氏。撮影ディレクションは、ノバレーゼの東日本エリアの施設以外に、外部からも受注しており、年間40件に達する。マーケティングデータを踏まえた検証と、これまでの成功事例に基づいた提案が人気となっている。
 
――ゼクシィのクラスターはあくまで参考程度にすべきと。
遠藤「会場が花のトーン、写真の雰囲気を事前に固めているケースもあります。何に基づいて決めているかを聞くと、ゼクシィの営業担当者からのアドバ イスということです。ところが、実際にページをめくっていくと、どの会場も同じテイスト、同じような絵が並んでいる。果たしてそのクラスターがエリアに存在するのか、刺さっているのかを検証すべきです。そもそも、写真が目立たなくなって効果が薄まっているからディレクションを依頼するわけです。そのテイスト自体が取り残されていると考えるべきでしょう。参考にはするものの、ディレクションはいかにページをめくる手を止めてもらうか。違いを生み出すアイキャッチビジュアルを作ることが大切です。
(詳細ブライダル産業新聞紙面にて、4月11日号)