NEWS

ニュース

  • その他
  • 19.12.14

現場と経営層の橋渡し役に【エムファーム】

 「日々の接客や人間関係のことで悩んでいるプランナーに対し、第三者の視点から話を聞き、悩みを解決。離職率の低下に結び付けていきます。」と語るのは、エムファーム(宮崎県宮崎市)代表取締役社長・黒木寿子氏だ。
 11月から【心の保健室】と題し、メンターとしてのサービスを開始。離職率の低下、普段相談できない仕事上の悩みを聞くサービスを提案している。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、12月1日号)