NEWS

ニュース

  • 協会・団体
  • 19.12.14

アンバサダー制度をスタート【一般社団法人ベビーシャワージャパン】

 一般社団法人ベビーシャワージャパン(東京都港区)は10月から、パーティの意義を理解し、文化を広めていく人材育成講座【ベビーシャワーアンバサダー制度】をスタートした。11月中旬時点でウエディングプランナーやブライダル業界を目指す専門学生など、55名が受講した。オンラインか対面で75分の講座を展開しており、受講料金は6500円。
 ベビーシャワーは、アメリカ発祥の妊婦の安産祈願パーティ。妊娠8 ヵ月ごろに開催することが多く、ママになる前に友人たちと会話や食事を楽しむ。都市部を中心に日本でも認知度が広まってきており、提携する都内のカフェでは4 年前と比較して、ベビーシャワープランの受注が10倍に伸びているという。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、12月1日号)