NEWS

ニュース

  • フローリスト
  • 19.11.10

緑を多用した装飾小物を発表【Happy Machérie】

 Happy Machérie(東京都台東区)の代表・上野多恵子氏は10月、フランス大使館公邸でのイベント『フランスナイト』に作品を出展。テーブル上の装飾としてキャンドルを中央に設置できるリースを提案した。
 アーティシャルフラワーを使用。くすんだピンクや大ぶりなオレンジのイングリッシュローズをメインにした。濃い紫色の実ものやアザミなどを入れ、深みをプラス。特徴は、葉物を多用したこと。ユーカリや丸葉、ツルを入れて自由な動きを表現した。
 「ガーデニングで葉物だけの鉢植えを作っていたことから、緑を使った作品が得意です。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月1日号)