NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 19.09.16

デビュー 初めての挑戦【HAKU 大巾博史さん】

味の素スタジアムで初施行を経験

  HAKU(スペサン:東京都文京区)大巾博史さんのプランナーとしてのデビュー戦は8 年前。まだプランナーになって間もない頃に担当した、サッカー好きのカップルが味の素スタジアムで行った挙式だ。
 入社2 ヵ月後、指導を受けていた先輩が退職。右も左も分からないまま結婚式を担当することに。司会、アテンド、フローリスト、カメラマンなど関わるすべての人に相談しながら、当日まで怒られっぱなしのプランニングとなった。
 「自分自身、スタジアムに詳しいわけでもなく、ましてや管理についても知りませんでした。天然芝を傷つけない扱い方や、結婚式をする場として整っていない導線の管理方法など、スタジアムという会場の使用方法を学びました。」
 当日の挙式はピッチ上で開催。披露宴はスタジアムの会議室を装飾して実施した。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、9月1日号)