NEWS

ニュース

  • 会場
  • 19.06.21

本舘の成功事例を横展開で共有【東京會舘】

 東京會舘は5 月10日、2019年度から2021年度まで3 年間の中期経営計画を発表した。
 基本方針として、①一般宴会・婚礼事業の「稼ぐ力」の最大化、②既存営業店の売上維持~拡大、③事業オペレーションのさらなる効率化の推進、の3 点を掲げている。
 ①に関しては、外部人材の招聘、最先端ノウハウの取り込み強化を進めている。本舘ではすでに多くの人材を招聘し主要ポストに充てているほか、柴田陽子事務所、T&Gとの共同運営を実現している。そのほかに、営業分野における生産性向上施策の投下、採用・育成強化など。
 ②は、今後本舘との棲み分けを明確化していく。さらに注目は、本舘の立ち上げで新たに獲得した様々なノウハウを仕組化して、横展開していくことだ。人事ローテーションによって、本舘以外の事業所のテコ入れも進めていく。また、営業本部の機能も強化していく。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、6月1日号)