NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 19.05.13

私の忘れられないウエディング【ワンエイトプランニング 代表 MasaさんANAクラウンプラザホテル広島 チーフコンシェルジュ 長田亜弥さん】

 ナシ婚の両親にサプライズ

 ANAクラウンプラザホテル広島(広島県広島市)のチーフコンシェルジュ・長田亜弥さんは、結婚式を挙げていない両親にサプライズで式をプレゼントしたいという花嫁からの要望を叶えた。
 10年前、長田さんがプランナーになって1 年半経った頃に出会った新郎新婦。中座のタイミングで、新郎新婦と花嫁の両親4 人が退場し、その後父母が登場するシーンを作りましょうと提案した。
 新婦がドレス選びをする際に衣裳店のスタッフに「お母さんも着てみませんか」と接客するように伝え、フィッティング中に、母のドレスのサイズを測った。
 当日は中座で4 人が退場した後に、長田さんは新婦の両親に2 人からのサプライズを伝えた。新婦の母親はヘアメイクをしドレスに着替え、モーニング姿の父と再入場。会場は2 人を祝福した。
 「その後、新婦の母親がこの時の喜びを綴り新聞の投書欄に送ったそうです。『本当に幸せでした』という言葉に、結婚式をする意味を見出せた気がしました。
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、4月21日号)