NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.12.06

ちょこっと一工夫【PEANNE 代表取締役/ プロデューサー 岩泉ピアンさん】

新郎新婦に写真付きでメンバーを紹介

 ウエディングプロデュースのPEANNE(東京都豊島区)の代表取締役/プロデューサー・岩泉ピアン氏は、施行スタッフの名前と写真を載せた紹介ブックを新郎新婦に渡している。
 大手ウエディング企業で経験を積んだのち、フリーランスに転身。1 組1 組時間をかけて結婚式をプロデュースすることに、日々やりがいを感じている。
 「会場所属時代から常に感じていたのは、プランナーだけではなく、施行に携わるスタッフ全員が、新郎新婦との信頼関係を強く持つべきということ。結婚式はチーム一丸となり同じ方向を見るからこそ、成功すると考えています。」
 進行の打ち合わせでは司会者と、記録用ビデオに関しては映像事業者の担当者と実際に顔を合わせる機会はあるが、それだけでは信頼関係は構築しづらい。プロフィールブックを渡しチームを紹介することで、メンバーの名前を覚えてもらえるようにもなる。
 「誰だか分からない人に、一生に一度の結婚式を任せるのは不安なはず。自慢のメンバーを事前に紹介することで、カップルの安心感にも繋がります。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、11月21日号)