NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.05.16

私の忘れられないウエディング【ワイナリーレストラン サンクゼール ブライダルマネージャー 景山貴子さん】

電話とメールで打ち合わせ

  ワイナリーレストラン サンクゼール(長野県上水内郡)のブライダルマネージャー、景山貴子さんは、2年前の結婚式が心に残っている。
 県外に居住していたものの、結婚式は実家のある長野県で親族だけのものを希望していた。直接会ったのは2 回で、主に電話とメールでやりとりを進めた。
 仰々しいことは苦手だが、食事だけでは間が持たないと心配する新郎新婦に、景山さんは「ケーキ入刀だけは行ってみては?」と提案した。
 「夕方に式が終わり、控室に戻る道のりで、誰が言い出したわけでもないのに、3 人で手を取り合って夕日の中を歩いていました。心が通い合った瞬間だと感じました。」
(詳細はブライダル産業新聞紙面にて、5月11日号)