LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【TOPインタビュー】AIを活用したマッチング開始(ウエディングパーク 代表取締役社長 日紫喜誠吾氏)

【TOPインタビュー】AIを活用したマッチング開始(ウエディングパーク 代表取締役社長 日紫喜誠吾氏)

 ウエディングパーク(東京都港区)は、インターネットとブライダルの融合に向け、その領域を拡大している。AIの活用、アドテクによる新たなプロモーション、さらに動画コンテンツへの取り組みなど、ブライダル会場のネットソリューションを支援する仕組みを次々に発表。同社の日紫喜誠吾社長に、進化するブライダルのネット戦略を聞いた。

 ――インターネット上での効果的なプロモーションを実現するために、消費者の変化を知ることが必要かと。
 「今年から、AIを使ったお見合いマッチングアプリを展開していきます。結婚について、なかなか出会いがないというユーザーに対し、データに基づき相性を科学的に分析。出会いをマッチングするサービスです。一昨年から、式場探しで検証してきたAIの可能性を、ナシ婚対策に生かしていくわけです。より個人のデータを収集するため、会員になってもらい、AIとの会話を重ねていく。出会いの部分をAIがマッチングすることは、後々式場探しや保険、家選びなど、ライフスタイルの提案にも繋がっていく可能性があります。現在、恋愛マッチングのアプリなどが一般的になっています。これを使い慣れた若い人たちが、より結婚に近いマッチングも自然と受け入れられる土壌が出来ているわけです。」
(詳細は紙面にて、新春特大号)