LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【TOPインタビュー】貫く「ブラススタイル」(ブラス 代表取締役社長 河合達明氏)

【TOPインタビュー】貫く「ブラススタイル」(ブラス 代表取締役社長 河合達明氏)

 1チャペル1バンケット、オープンキッチン、プランナー一貫制。昨年4月に東証一部に上場したブラス(本社:名古屋市西区)は、「ブラススタイル」を貫き続けている。一見“非効率”にも見えるこの徹底ぶりに関して、代表取締役社長・河合達明氏は、人材採用や顧客満足度、様々な面でメリットを生み出していると語る。

――2017年を振り返ってみて、どのような1 年でしたか。
「ブランリール大阪、静岡市清水のラピスコライユ、沼津のオリゾンブルーと3店舗を出店し、当社の結婚式をより多くのカップルに届けられるようになった年でした。関西初進出となった大阪店は、大阪ドミナント戦略の基盤となる1店舗目ですし、沼津は初めてMAで出店しました。様々なことに挑戦できた1年となりました。4月には東証一部への上場も果たしました。ブライダル業界は他業種に比べて、上場企業が少ないですから。業界を盛り上げ、牽引する立場になれたことは嬉しい限りです。」
(詳細は紙面にて、新春特大号)