LISTEN to KEYMAN

キーマンに聞く

【トップランナーに聞く】新郎新婦の過去まで掘り下げるヒアリング(CRAZY WEDDING WEST 創設者 岡本佳子氏)

【トップランナーに聞く】新郎新婦の過去まで掘り下げるヒアリング(CRAZY WEDDING WEST 創設者 岡本佳子氏)

 カップルとの徹底した面会(打ち合わせ)を通じて、オリジナルウェディングをプロデュースするCRAZY(本社:東京都墨田区)。「唯一無二の結婚式を創り上げるのに必要なのは、ヒアリングスキル」と、CRAZY WEDDINGWEST創設者の岡本佳子氏は語る。ホテルやゲストハウスなどの会場所属のプランナーでもトライできる、ヒアリングのポイントとは。
 【2月20日(火)に開催!九州ブライダルアカデミー1日目“テーマ:プランニングスキルUP” に登壇。詳細・お申し込みは、→コチラ←から!!】

――CRAZYがプロデュースする結婚式は、コンセプトを軸にオリジナルなものになっています。
 「プロデューサーを始め、アートディレクターなど様々な肩書きを持つスタッフがカップルと一緒に結婚式を作っていくわけですが、オリジナルウェディングを提供するのに欠かせないのが面会です。メールでの細かいやりとりは日々続いていきますが、面会の回数は基本的に4回。ホテルや式場と同等の回数かと思います。」
――その4回の中で、どのようなことをヒアリングしているのですか。
 「どんな結婚式にしたいかももちろんですが、どれだけ2人の人生を理解できるかが重要。カップルにはなぜ結婚するのか理由を考えてもらいます。一緒にいたいという理由だけであれば、入籍する必要もなければ、結婚式を挙げる必要もない。事実、1人でいた方が楽なこともあるわけです。ストレートに聞いても簡単に答えられる問いではないので、その答えを一緒に考え、導き出すことが必要です。例えばカップルに起きたある事柄をピックアップし、なぜそうなったのかを共に考えていく。『どうしてそうなったのでしょうか?』と聞くのではなく、『そうなったのはA だからですか?それともB でしょうか?』と選択肢を用意し、そこから1 つずつ答えを導き出していきます。」
――式の内容以上に、2人の過去まで掘り下げていくということですね。
 「当社に依頼するカップルは、アートディレクターの手から生み出される装飾に憧れて問い合わせたというケースが多い。入り口は装飾かもしれませんが、オリジナルウェディングをプロデュースするのであれば、“現在”だけでなく、過去まで掘り下げていくことが必須かと。2 人のことを誰よりも知っていて、人にしっかりと話せるくらいになるか。プロデューサーには2 人を知る“義務”があると感じています。」
――CRAZYのウェディングに欠かせないのが「コンセプト」です。このコンセプトを仲間としっかり共有することがオリジナルに近づくカギだそうですね。
 「当社でいうコンセプトは、ナチュラルやエレガントなど、空間装飾のテーマではなく、2 人の人生を結婚式で具現化するための指針のようなもの。これに基づいて結婚式をプロデュースしていくわけですが、オリジナルウェディングには明確な答えがありません。時には『これでいいのだろうか』と疑問を抱くことも。だからこそ仲間と全てをシェアしていくことが必要です。なぜこのコンセプトになったのか、どういった想いを参列者に伝えたいのか。コンセプトという大きなくくりだけではなく、時間をかけて細かい裏側の話もメンバーと共有するからこそ、全員が2 人のことを知る機会に繋がり、アイディアが生まれてきます。オリジナルウェディングを創るには、企業に属する全員が、各カップルに向き合う覚悟を持つこと。その揺らぎない想いが欠かせないのです。」