NEWS

ニュース

  • プランナー
  • 18.02.06

私の忘れられないウエディング【ウェディングプロデュース CANOW 代表・ウェディンプランナー 大橋ユカリさん】

母に感謝&2人の個性が光るW

 フリーランスウエディングプランナーの大橋ユカリさん(ウェディングプロデュース CANOW〈カナウ〉代表:愛知県名古屋市)は、2015年の10月、三重県熊野市のカップルの結婚式を担当。新郎の母は積極的に会場を探し回るほど息子思い。2 人は母親に感謝の気持ちを表現しつつ、自分達らしい式を望んでいた。
 高校の先輩後輩の新郎新婦。準備を進める中、幼いころ同じピアノ教室に通っていたことが発覚。新郎がピアノを弾く姿が好きだったという母親に、感謝を伝える演出を取り入れることになった。
 音響の整っていないリゾート施設の会場だったため、中古の電子ピアノを持ち込んだ。挙式は2 人の連弾で開始。途中、新郎の感謝の言葉を伝える映像を流す際も、バックで新郎が母の好きな曲を演奏した。