NEWS

ニュース

  • コンサルティング
  • 18.01.14

花嫁の声「インスタ印象調査」開始【ブライダルコンサルティング有力企業ガイド/ウェディングソムリエ】

 昨年の流行語大賞にも輝いた「インスタ映え」。ブライダル業界も席巻しているわけだが、その流れに乗って自社アカウントを運用する会場は一気に増えている。もっとも最近では、、いかにプロモーションと連携していくかなど、新しい段階に突入しているのも事実。ウェディングソムリエ(東京都港区)に増えているサポート依頼とは。

――昨年、花嫁の声を集めた会場の印象調査をスタートしました。
 「会場や企業のターゲット層に合わせて、数十名の花嫁にアンケートを実施。インスタはもちろん、WEB 媒体や他のSNS などに対する印象の調査結果を提供しています。非常に多いのが、インスタグラムを見て花嫁が受け取る情報と企業側として発信したい情報が、ミスマッチしているというケースです。この点を分析した上で、そのインスタグラムが来館フックになり得ているかを検証していきます。花嫁の直接の声を知ることで、自社のインスタグラムがどんな可能性を持てるのか。リアルな声が収集できるのも、当社の強みであり、会場からの依頼も増えています。」
――昨年は、多くのブライダル企業、関連企業から、インスタグラム運用に関する様々な依頼が寄せられました。
 「インスタグラムの自社アカウントをスタートしたものの、なかなかフォロワーが増えない。どんな投稿、どのようなアプローチをしていけばいいのかという相談に対し、担当者向けにセミナーをして欲しいという依頼も多かったです。インスタグラムを運用しているプランナーやマーケティング担当者に、花嫁が会場選びの時にどのように利用しているのか、ウエディングにおけるインスタグラムの役割や、それを最大限に活用するためのアドバイスをしています。とは言え、もっとも大切なのは経営者層を始めとしたマネジメント層の理解かと。インスタグラムのKPI をどこに置くのか。集客のコンバージョンツールとして考えていると、数値も上がらず、結果運用担当者の焦燥感が増していきます。大切なのは、会場ブランディングの一環としてとらえていくことではないでしょうか。」
――ウェディングソムリエの強みは、ハイラグジュアリーな結婚式を志向する多くの花嫁をアンバサダーとして囲い込んでいる点ですね。ここにヒントがあるかと。
 「オシャレな花嫁の結婚式は、やはりこだわりがあり、他の花嫁の憧れでもあります。だからこそ、フォロワーも多い。彼女たちの情報感度は非常に鋭いわけです。当社では、会場やウエディング企業とのコラボでイベントも開催しています。その際に、他の人たちから憧れられるオシャレ花嫁を集めることで、インフルエンサーとしての価値も高まります。当然、オシャレ花嫁の視点はレベルも高く、イベントの装飾などもこだわっていかなければ刺さりません。彼女たちと、様々な機会を通じて交流していることから、どんなイベントでどんなコーディネートが必要なのかをアドバイスもしています。」
――最近では、異業種企業とのコラボイベントも増えています。今後は、こうした企業とブライダル企業の橋渡しも考えているとか。
 「昨年は、美顔器メーカーのヤーマン、My Little BOX × JILLSTUART、さらにABC クッキングスタジオが運営するWhip ともコラボイベントを実施しました。こうした企業は、未来のユーザー掘り起こしの一環として、花嫁インスタグラマーに強い関心を持っています。現在も、いくつかの企業から相談が舞い込んでいます。ウェディングソムリエと異業種企業の連携だけでなく、ここにブライダル関連企業も一緒になることで、さらに素敵なイベントになると考えています。」

◎TEL:03-6869-4155
◎http://jadorewedding.com/